部屋のデスク

中古のライフブックは最新OSがインストールされたものを購入しよう

オフィスで仕事をする

中古ノートパソコンは、かつて企業で使用されたビジネスモデルのリースアップ品が一般的であり、当時のフラッグシップモデルということもあり、高性能なため中古でもまだまだ性能的には使用することができます。しかし、中古ノートパソコンは、専門通販で購入できるものの、状態は様々であり、最新OSにアップグレードしてメモリ増設やアクセス速度の速いSSDに換装されたものもあります。どんな中古ノートパソコンを選べば良いか、ライフブックなどのブランド選び以外でいうと、予算が限られ将来的にカスタマイズ対応するなら最新OSがインストールされたものを選びましょう。
中古ノートパソコンを選ぶ際、最新OSがおすすめなのはセキュリティだけではありません。中古ノートパソコンを購入し、壊れたノートパソコンからHDDやSSD、メモリを部品取りしてカスタマイズできたりもします。特にSSDに換装するだけでも、中古ノートパソコンは動作速度が向上し、電源投入から起動までの時間が短縮されます。
最新OSの中古ノートパソコンがおすすめなのは、カスタマイズ性の高いモデルで自身でSSD換装するケースです。最新OSなら再インストールする際、ライセンス認証が自動的に行われるため、古いモデルかつ古いOSの中古ノートパソコンで新規にライセンスを購入するようなこともありません。万が一、ストレージが破損しても交換ができるため、最新OSの中古ノートパソコンを選ぶのがポイントです。

最新の格安品より快適に動作する中古のライフブック

スーツを着た若い男性

ノートパソコンは、中古よりも新品の方が快適に動作するものだと考えていませんか?しかし、ノートパソコンもスマートフォン同様、新品であっても格安品の多くは性能が低く、快適に動作しないものもあります。文書作成や表計算で動作が重く、ストレスになることもあります。しかし、専門通販で購入できる中古ノートパソコンは新品の格安品よりも快適動作するものが多数あります。中古ノートパソコンといっても、ビジネスモデルの高価なものが多く、高性能なCPUを搭載しメモリ増設やストレージアップができるものが基本です。専門通販では、メモリを4GBから8GBにアップし、ストレ…